魚槽用汲上コンベア

魚槽はホッパーと同じく、生処理のスタート部分にあたります。
魚を一時的に貯留する役割があります。
ホッパーより大量に魚を貯留できることが魚槽の特徴です。
トラックなどの運送関係の都合により、大量に貯留する必要がある場合には魚槽が便利です。
汲揚コンベアは大量に貯留される魚の大きな負荷がかかります。
当社は長年の経験から、大きな負荷に耐えられるだけの構造を持つ汲揚コンベアを製作しております。

▼ 寸法図:10000㎜L×500㎜W