整形コンベア

フィーレになった直後の原料の整形を手作業で効率よく行うためのコンベアです。
コンベアの両サイドに立つ作業者が中央のコンベアにより搬送される原料を取ってトリミングします。
整形し終わった原料は上段のコンベアに乗せたり、箱に入れて原料と同じ中央のコンベアに乗せたりします。
残さい回収機能付きの整形コンベアではまな板に穴を開けておき、そこから残さいを落とし込みます。
その下に設置している残さいコンベアが残さいを受けて先端のタンクまで搬送します。

  • 手作業の整形を効率よく行うことができます。
  • 跳ね上げ式の残さいコンベアを採用しているので、まな板を外して跳ね上げすれば、残さいコンベアも洗浄できます。
  • 原料の受け方、整形後の原料の流し方、作業員数、機長、幅、残さいコンベア有り無しなど、ご要望にお応えいたします。

▼ 寸法図:鮭フィーレ用
機長6000㎜、11人用、残さい回収コンベア付