生積みライン

裸の冷凍ブロックを製造する行程の中で、選別後の鮮魚を冷凍パンに入れて生積みするラインです。

冷凍パンを生積みする方法は大きく3種類あります(桟木、ラック、取っ手付き冷凍パン)。当社ではすべての方式の生積みラインをご提案できます。
ラインフロー図の各行程で自動機械、半自動機械、手作業をラインに組み込むことができます。

❏ 桟木方式


▽ 桟木方式生積みライン配置参考図

❏ ラック方式


▽ ラック方式生積みライン配置参考図

❏ 取っ手付き冷凍パン


▽ 取っ手付き冷凍パン生積みライン配置参考図



凍結室の大きさはどの方式で凍結するかあらかじめ想定されています。
既設の凍結室に対して生積みラインを導入する場合、方式変更は難しいため基本的にはいままで通りの方式を受け継ぐことになります。
凍結室をこれから作る場合はどの方式が良いか吟味してください。それぞれ一長一短があると思います。